目次

霊能者募集詳しくはこちら
[電話占い心神] 特集記事紹介

電話占い心神や所属霊能者が、有名雑誌の電話占い特集で紹介されました。

有名雑誌紹介情報報

「ゆほびか」「anan」「女性自身」「ゆうゆう」「女性セブン」などの有名雑誌で、電話占い心神の霊能者が紹介されています。

ホーム透視霊能者が伝授!心神流 恋愛秘訣

透視鑑定師が伝授!心神流 恋愛秘訣

電話相談を受ける中で、一番多い悩み事は、やはり恋愛に関する問題です。
多くのお客様が恋愛成就の秘訣を訊ねられますが、それを一言で言えば「想念の持ち方をポジティブに保っていく」ということに尽きます。
人間の想念には、本人が考える以上の強力なパワーがあり、人生すべての願望達成の鍵は“いかに強い想いを持ち続けられるか”にかかっている、と言っても過言ではありません。
今回は、恋愛に焦点を絞り、その成就に成就効果の高い想念法をご伝授させていただきます。

片想いのケース

恋の病で伏せる、などという言い方をよくいたしますが、実際、片想いの恋というのは当事者が思うよりはるかに大きな精神エネルギーを浪費します。
「告白して振られたらどうしよう…」という憂いが、心の在り方に暗い影を落として、その人本来の個性や集中力を鈍くさせることにもなり、その結果、仕事で凡ミスを起こしたり、人間関係に支障をきたしたり、という好ましくない出来事が頻発しやすくなります。

乱暴な言い方ですが、片想いに陥った場合は、結果にかかわらず相手に告白をする、というのが唯一にして最良の解決法です。それによって恋愛が成就するなら言うことはありません。
また、もし相手から拒まれたとしても、自分の想いにひとつの決着をみることで、それまで停滞していた心のエネルギーが解放され、新たな目標へ注ぎ込まれていきます。

片想いの勇気を得る方法

パワーストーンガーネットやルビーなど赤系の霊石(パワーストーン)の多くには、心臓や生殖器部分の霊脈を活性化させ、持つ者の情熱や自信を増幅させる働きがあります。
恋の石として知られる「紅水晶」(ローズクォーツ)などもその代表です。 告白の勇気が持てないと言う方は、日頃からこうした霊石をアクセサリーの形で、できるだけ数多く身に着けられると良いでしょう。
紅水晶の他、お勧めはルビー、ピンクトルマリン、ロードクロサイト、カーネリアンなどです。

また、これらの霊石を携帯なさるときは、折に触れて愛染明王様の真言(マントラ)を唱えられるとさらに効果が倍増いたします。

愛染明王様の真言

愛染明王は女性の恋愛や男女の和合を司られる仏神で、その真言には、愛の情念を良い意味で掻き立てる作用があります。
真言を唱えられるときは、必ず貴女と貴女の意中の人が仲睦まじく寄り添っている場面を心に思い描いてください。
ネガティブな想像をしてしまうと逆効果となり、叶う恋までも叶わなくなってしまいますのでくれぐれもお気を付けください。

復縁のケース

一度離れてしまった相手の心を再び取り戻すというのは、実際のところ至難の業です。復縁のご相談というのは片想いと並んで多いのですが、こちらがいくらアドバイスをしてもご相談者自身が途中で挫けてしまうようです。
それが成就するか否かは、ご相談者自身がどれだけ強い心を持てるかにかかっています。
復縁を叶えるポイントは、相手に対してポジティブな想念波動を送り続ける、ということです。
「どうして私から離れたの?」「ひどい人」…などというネガティブな想いは一切、捨ててください。恋愛がうまくいっていた頃の楽しい思い出や、相手の笑顔だけを思い浮かべ、もう一度自分に振り向いてくれるように願い続けるのです。 要領としては、まず相手の姿を思い、その胸に光る霊魂を思い浮かべます。そこへ貴女の発する温かい想念が注ぎ込まれ、胸の輝きがさらに増していくイメージを思い浮かべましょう。

遠距離恋愛のケース

想念エネルギーのパワーに距離と時間は関係ありません。たとえ相手が地球の裏側にいようと、その人を慕う貴女のパワーが強ければ、愛縁の絆は維持されます。とは言え、距離が遠くなると自然に疎遠になりやすくなるのが一般人の常識というもので、遠距離恋愛が成就するか否かは、この「去る者は日々に疎し」という感情を防げるかどうかにかかっています。
そのためには、呪術の世界でお馴染みの「依代(よりしろ)の法」を応用します。 これは物品に貴女自身の想念(相手に対するポジティブな愛情の念)を注ぎ込み、貴女の分身として相手に渡す方法です。できれば人形やぬいぐるみのような人の形に似たものが効果も高いのですが、そうしたものですと男性側から遠慮される可能性が高くなります。

そこで、貴女のポートレイトを入れた写真立て、あるいは男性用のアクセサリーや、男性の部屋に飾っても違和感のない時計などの装飾品を用います。
相手に贈る物を決めたら、最低一週間、それを肌身離さず持ち続けてください。その間、自分のありったけの想いをその物品に注ぎ入れるのです。 ネガティブな想念エネルギーを混合させないためにも、想念の注ぎ込みは明るい時間に行った方が良いでしょう。それを毎日、ある程度まで続けたら、相手にプレゼントしてください。

離れていて寂しいとき、相手が何をしているのか気になるときには、贈った物を通して、貴女が相手を見守っているイメージを思い浮かべましょう。すると物を媒体に、貴女の想念が相手の魂に常に注ぎ込まれ、彼の意識の奥に新鮮な貴女の印象を刻みつけ続けることができます。

当「心神」には、正真正銘の一流霊能者ばかりが在籍しております。
六神通を駆使した電話鑑定、お悩みを速やかに解決へと導く霊言のアドバイス…
その凄さ、並外れた的中率の高さを、ぜひ貴女ご自身でお確かめください。

受付電話番号03-3988-3773

ホーム | 心神とは | ご利用方法 | 霊能者紹介 | お支払い方法
特定商取引法に基づく表記霊能者募集